« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月16日 (日)

買って使ってよかったもの

手帳のスケジュール欄の残りページが少なくなってくると、

1月のページから順ぐりに見直して、今年を振り返りたくなる。

いや…本当はのんびり振り返ってる場合じゃないんだけど…

年賀状作りとか、大掃除とか、やろうと予定していてまだやっていないあれこれとか。

まあ、これらの予定はあとで手帳に書き込むことにして。

振り返りながら、今年出会った物、買った物に思いをめぐらせる。

*

物を買うというのはエネルギーのいることだと思う。

使うシーンをイメージしたり、情報を集めたり、本当に必要かなと逡巡したり。

それらのハードルを乗り越えて我が家にやってきた物。

さて、今度はしっかり向き合って使うエネルギーが必要だ。

物は使うにつれて…つまり向き合う時間が多ければ多いほど、物側からも役に立ちますよエネルギーを発してくれるような気がする。

そうするとこちらも嬉しくなってさらに多くの時間を費やして使う。

使っているうちに、ここは使いにくいぞと気づいて使い方を工夫したり、あれっこんなところが汚れてくるんだと手入れをするようになったり。

使うことで知ることができる。

せっかく縁あって出会った物なのだから、

手にしてよかったと思えるようにつき合いたいと思う。

*

そんな、今年出会い買って使ってよかった物たちを紹介します。

(今回は趣向を変えて…イラストと裁縫作品はお休みします)

*

Photo

加湿機

シャープの気化式加湿機。

昨シーズンの冬、のどを痛めた時に購入しました。

気化式とは、加湿フィルターに風を当てて湿った空気を吹き出す方式で、蒸気は見えません。

強制的に蒸気を出すものではなく、湿度や室内の温度によって加湿量が変わります。

湿度表示ランプ(乾燥、適湿、加湿)で室内の湿度の状態が表示されます。

夏の湿度と違って冬の乾燥は気づきにくいのですが、けっこう乾燥しているんですね。

スイッチをいれて湿度表示を見ると、しばらくの間は「乾燥」の表示…

やがて「適湿」に変わると室内の空気も確かに違ってきます。

のども楽~。

さらに、思いがけない効果を発揮したのが花粉の飛ぶ3月~4月。

私はそんなに深刻なほうではないけれど、花粉の時期はやはり鼻や目がむずむずしてきてつらい。

それが加湿機をつけているとむずむずがかなり軽減されます。

12月~4月にかけてフル稼働の加湿機です。

Photo_4

ステンレスポット

フランフランのステンレスポット。

1リットルはいります。

テーブルの上に置いて、お茶を飲んだりコーヒーを飲んだり。

満タンにしておけばおかわりもできるし、お湯がぬるくなる前に飲みきれる量ってところが良い。

沸かしたてのお湯が好きなので、飲みきったら注ぎ足すという方法も性に合ってます。

Photo_5

羽根はたき

いろいろなはたきを使いましたが、この羽根はたきが断然良い!

ほこりがスルスルと思うように取れるので、はたきがけが楽しくなります。

掃除機がけからぞうきんがけまでひととおりやる気力がないなあって時、私ははたきがけだけをします。

はたきをかけるだけで、部屋は見違えるようにきれいになる。

羽根だからでしょうか、軽くて扱いやすく、棚の上の飾り物のほこりもきちんと取り除くすぐれものです。

Photo_6

洗濯板

東急ハンズで買いました。

洗濯機を回すほどでもない少量の洗濯に便利。

靴下だけとか、Tシャツ1~2枚とか。

両手でこすり洗いをすると、指の皮がすりむけたりして手のダメージが大きいのですが、洗濯板を使うとそれがない。

力をいれずにきれいにすることができます。

Photo_8

先っぽまで毛があるブラシ

「まめいた」という会社の製品。

風呂場の排水口や、洗面所の入り組んだ場所の掃除…

このブラシを知る前は使い古しの歯ブラシを使っていました。

でも歯ブラシでは角にブラシが当たらなくて、いまひとつきれいにならない。

それを解消してくれたのがこのブラシです。

先端に毛があることでこんなに違うのかと驚くほど快適に汚れが落ちる。

掃除のやる気がでるのは道具によるところが大きいなあと思います。

*

今年のベスト5をあげるとしたら、この5つかな~。
本当によく活躍しています!

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »