« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

犬塚勉展

Dsc_2581

せせらぎの里美術館へ犬塚勉さんの個展を見に行った。

犬塚勉さんの作品は7月にNHKの日曜美術館で紹介され、その緻密な描写にただただ驚き、これはぜひ実物を見なければと奥多摩にあるこの美術館へ出かけたのだ。

奥多摩線の御嶽駅から川沿いの遊歩道を歩く。

右手にカエデやスギの樹林、左手に多摩川の源流を眺めながら約25分。

ガラガラと美術館の戸を開くと、まず目に飛び込んできたのは山の縦走路の絵だ。

白く鋭い石が延々と続きその向こうに青空と雲が見える、登山道の心地よく乾いた風景がそのままキャンバスの中にある。

それから展示の半ばほどにある6月の栗の木を描いた作品。

1本の栗の木に明るい日差しがさしこんでいる。

光のあたりかたの描きわけがすばらしい。

光があたっている葉の表と裏、影になっている葉の表と裏。

そこに栗の木があるかのようだ。

だが実際の栗の木を見てもこのように感じ取ることはできないのかもしれない。

犬塚勉さんの心が揺り動かされた風景が、彼の緻密な描写によって、ここに表現されている。

犬塚さんの心と絵筆を通してしか、この風景を見ることはできないのだろう。

登山が好きだったかたで、登山の中で出会った自然が主に絵の題材となっている。

残念ながら、その登山の中で命を落とされ、もう新たな絵を見ることはできない。

しかし、残された絵からは没後20年たった今でもなお、犬塚さんの心がたしかに伝わってくる。

*

せせらぎの里美術館での展示は8月30日で終了しましたが、長野県の東御市梅野記念絵画館で2009年10月17日から犬塚勉展が開催されます。

また、NHKの日曜美術館では9月13日に犬塚勉さんの作品についての放送があるので、そちらでも絵を見ることができます。

| | コメント (2)

2009年8月27日 (木)

リラックマのボトルキャップオープナー

Dsc_2576_2

いま、伊藤園の「お~いお茶 ほうじ茶」を買うとリラックマのボトルキャップオープナーがついています!

全部で6種類あるのだ。

近所のコンビニではいまのところ4種類を確認。

残りの2種類はいつ入荷するの?

コリラックマがリラックマをかぶってるのが欲しくて、このキャンペーン開始当日から毎日コンビニ通いの日々である。

| | コメント (2)

2009年8月26日 (水)

ガンダムを見に

お台場へガンダムを見に行きました。

潮風公園の園路を人の波についていきながら進むと、見えてきました、ガンダムだ~!大きい!

Dsc_2547_3

後ろ姿からの登場に「あれ、後ろ姿なんだね」と言うと、

「後ろ姿はなかなか見られないから貴重なんだ」そう。

へ~、そうなんだ。そういえば戦ってるシーンはたいがい前を向いているものね。

Dsc_2548

関節が本当に関節!

ちゃんと曲がりそうよこれ。

Dsc_2550_2

手もリアル!盾も剣もしっかり握りしめそうな指!

いまにも動きだしそう。

Dsc_2556

目が光っています。

Dsc_2558

目の光が消えた。

「おっ?」一同小さなどよめき…なにかが起こる?

Dsc_2560_2

一同「おおお!」

左ななめ前を向いていた頭が動いて正面を向いた。

Dsc_2562

一同「おおおおお!」

さらに動いて空を見上げる。

胸からは煙が(写ってませんが足元からも煙)。

Dsc_2564

そして元の姿に。一同盛大な拍手。

よくできてるなあ。かっこいいです。

8月31日(月)までの展示だそう。

Dsc_2569_2

帰りはブレンズコーヒーでひとやすみ。

| | コメント (2)

2009年8月19日 (水)

ふぞろいきゅうり

2009

ふぞろいきゅうりが1kg、おいしそうに並んでいたので買いました。

きゅうりは安いからってたくさん買うと結局傷めてだめにしてしまう(経験談)ので、生で食べる2本くらいをとっておいてあとは甘醤油漬け(きゅうりのキューちゃん味)にしました。

2009_2

去年教わって初めて作ってみたのですが(義母レシピ)、甘い醤油味ときゅうりが本当に合っていて箸が進みます。

おかずにもう少しなにか欲しいときにあると嬉しい存在でありつつ、たくさんのきゅうりを傷めることなく消費できるありがたい一品です。

「しょうがの千切りや白ごまをいれてもおいしいわよ」(続義母レシピ2009)とのこと。

それ絶対おいしそうです。今度やってみよう。

| | コメント (4)

2009年8月13日 (木)

ニューヨーカー

Newyorker2

ニューヨーカーの服が好きで、店に行く間隔はまちまちだけどもう10年か20年か、つかず離れず、思い出したように時々そのデザインを見に行きたくなる。

今年の春にジャケットとパンツを買った。

ジャケットは紺地に白の縁どり。

麻と綿が半々、鹿の子織りのニット風な布で、見た感じはかっちりしているのだけど着てみると軽くやわらかで肩が凝らない。

紺のジャケットは1枚あると何かと便利です。

パンツはくるぶしくらいまでの9分丈。

ひざから下がすっとまっすぐ細身になっている。

裾まわりがすっきりしているので、歩く時も、椅子に座ったり立ったりする時もしゃきしゃき動けるのが気持ち良い。

ベージュとオフホワイトの中間くらいの色で、素材は綿に麻とポリウレタンが少しずつはいっている。

春だけじゃなく夏も着られる感じの布なので(おそらく秋も)、このパンツもジャケット同様重宝する存在だ。

ニューヨーカーのサイトが最近(といっても1年くらい前かな?)リニューアルして見やすくなった。

近々オンラインストアもオープンするようなので楽しみです。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »