« SHIPSの香り | トップページ | 速水御舟展 »

2009年11月23日 (月)

オックスフォードのバッグ

Dsc_2765_2

オックスフォード生地でバッグを作りました。

オックスフォードはボタンダウンシャツによく使われる、縦横に綿の糸を2本ずつ使った平織り布で、丈夫でしわのつきにくいざっくりした感触の生地です。

同じオックスフォードでも糸の太さによって生地の厚みも変わってきて、ボタンダウンシャツに使われるものはしなやかで薄手な布の印象がありますが、このバッグに使用したものはかなり厚め、帆布バッグにほぼ似た感じ(帆布よりは若干薄めですが)の手触りです。

赤いバッグが欲しかったのと、本を何冊か持ち運べる丈夫なのものがいいなあ、本を入れるなら雑誌も折れ曲がらずに入るのがいいし、外観はなにもついていないすっきりしたのがいい、携帯電話をすぐ取り出せる内ポケットも欲しいし…などとあれこれ要望をまとめた結果、この形に落ち着きました。

縦37cm、横32cm、マチ8cm。

A4サイズが縦にちょうどはいる大きさです。

持ち手を革にしたのは初めての試み。

これはオックスフォードの赤には革が合うだろうと100%感覚的に決めました。

Dsc_2785

革ハンドルは、あらかじめバッグ用にカットされ縫いつけるための穴があいた状態で売っています(幅2cm、長さ44cm)。

これは手持ちバッグ用の長さ(薄着であれば肩にもかけられます)。

 肩かけバッグ用にもう少し長めのものも。幅もいろいろあります。

革バンドルと布を縫いつける糸はどんなのがいいんだろう、普通の手縫い糸だと切れちゃいそうだしな。。。

手芸店ではしっくりくるものがなくて、東急ハンズに行ってみたらエスコードという皮革工芸用の麻手ぬい糸というものがあったのでそれを買ってみました。

細糸と太糸があって、細糸にしてみた。

細いほうの糸といってもふだん手縫いに使っている針では針穴に糸が通らないので、刺し子用の針を使いました。

自己流で縫いつけましたが、丈夫さ加減はどうだろう。。。

とりあえず使ってみています。

Dsc_2780_2

△横から見たとこ

Dsc_2768

△内側(ポケットつき…と言いつつポケットがよく見えない写真ですみません。。

*

布:安田三丁目店

革ハンドル:近所の手芸店

革を縫いつけるための糸:東急ハンズ、商品名「エスコード」皮革工芸袋物用、麻手ぬい糸(カナガワ株式会社)

|

« SHIPSの香り | トップページ | 速水御舟展 »

コメント

ご無沙汰しちゃいました
久しぶりに ゆすらうめさんのブログ見せていただいたら
こんな素敵なバックが~。
手作りだなんてことが
信じられないくらい きっちりした仕上がりですね
オーダーしたいくらいです。

やっぱり絵を描くゆすらうめさんの
色のセンス 思わずめを奪われました
ほんと すてきです!!

投稿: emi | 2009年11月26日 (木) 14時21分

emiさん

こんにちは!
この赤バッグ、さっそく使ってみているのですが、早くも改善したい点がひとつふたつみっつ…(笑)
いやあ、実際なかみをいれて持ってみるといろいろ不具合がみつかるものですね~。。。(やっぱり芯を張らないとだめだわなどなど)
写真は中に新聞紙丸めて入れて思いきり形整えて撮ってるのです~
こんなものでよろしければいつでもお作りします。

投稿: ゆすらうめ | 2009年11月27日 (金) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SHIPSの香り | トップページ | 速水御舟展 »