« 室岡昭子さん個展 『キリガミナ日々』 | トップページ | 今年の手帳(2011年) »

2010年12月31日 (金)

2010年出会った本、心に残った本

2010年に出会い心に残った本。

思いつくままに書きます。

Photo_19

『クワガタムシが語る生物多様性』(五箇公一, 2010年, 創美社)

生物多様性について書かれた本は多くありますが、この本は別格の面白さと親しみやすさがあります。

そのユーモアあふれる文章には何度も爆笑しました。

著者の五箇公一さんのフィールドワークに基づく生物(人間も含め)への大いなる愛と、バランスのとれた視点がすばらしい。

外来種だから一概に敵視するのではなく、固有種だから人間の生活を無視しても保護すべきと訴えるのではない。

それぞれの背景、事情を踏まえつつ、人間との共生について身近なところからどうしたらいいのかが綴られています。

本棚に置いておきたい一冊。

*

Photo_22

『もっと知りたい 酒井抱一 生涯と作品』(玉蟲敏子, 2008, 東京美術)

酒井抱一は琳派の日本画家で、2011年が生誕250年になります。

それを記念していろいろな美術館で記念展覧会が催されるようで、酒井抱一が大好きな私は今からとても楽しみ。

*

Photo_21

『都市の中の絵 酒井抱一の絵事とその遺響(エフェクト)』(玉蟲敏子, 2004, ブリュッケ)

これも酒井抱一について書かれた一冊。

前述のものは作品の図版が中心であるのに対して、こちらは作品が生まれた背景やその時代どのように人々に受け止められたのかといった分析、解説が綴られています。

酒井抱一好きであればこれも外せないかも。

*

Photo_23

『東京さんぽるぽ』(なかだえり, 2010, 創美社)

この本の感想記事はブログ中にも書いたので、ここでは簡単に。

なかだえりさんは東京の千住在住のイラストレーター。

鮮やかで透明感のある色使いと生き生きとした町の人々の表情の描写が印象的です。

そして魅力的な場所の数々、行ってみたくなります。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_24

『自転車ぎこぎこ』(伊藤礼, 2009, 平凡社)

表紙の絵に惹かれて手に取った本でしたが、内容が非常に面白くて何度も大ウケ、爆笑しました。

本を読んで、表紙の絵を描いたイラストレータが北村人さんという方だと知り、北村さんの個展を見に行ってご本人とお話しすることができたり。

こういう本との出会いは楽しいです。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_25

『今戸神社 恋の縁結び』(市野惠子, 2010, 創美社)

招き猫の神社、今戸神社。

猫好きとしては猫がお守りになっているということでまず注目。

縁結びの神社として有名で、結婚成就のための心得が宮司夫人である著者の軽妙な語り口で綴られています。

人としての心の在り方、誠実に生きる姿勢を知ることができ、恋愛の本でありつつ恋愛のみならず凛と生きるための心得に触れることのできる一冊。

*

Photo_26

『考えよ!なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』(イビチャ・オシム, 2009, 角川書店)

そうでしたか、2009年発行だったのね。

書店の棚にずらっと並んでいて目に入ったのは2010年のW杯1ケ月前だっただろうか…

迷わず買いました。あのタイミングで買わないのは忍耐だ。

すごく面白いです!オシム節も存分に楽しめます。

*

Photo_27

『リーダーは自然体』(増田弥生、金井壽宏, 2010, 光文社)

読んでいて、とにかくやりたいことを誠実にやろうという気持ちになれる本です。

やりたいことを誠実にやる、たぶん難しいことなんだろうと思うけど、やれる人はやれるんだよなあ。

タイトルにあるとおり、自然体で無理していない感じが魅力的でした。

それに明るい!

目標を達成するために考えて考え抜いて行動する過程には多くの葛藤があると思うのですが、その中に反省はあれど、他人への批判や自己否定がないのは読んでいて清々しい。

この無理のない優しい明るさはついていきたくなります。

*

Photo_28

『忘却の整理学』(外山滋比古, 2009, 筑摩書房)

脳も心も循環が必要なのだなあ。

そのためには忘れることって大事です。

『思考の整理学』の続篇です。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_29

『1日が見えてラクになる!時間整理術!』(池田暁子, 2010, メディアファクトリー)

著者の池田暁子さんは、さまざまな整理術のコミックエッセイを書いていて、どれもおもしろくためになるので大好きです。

池田さんの書く整理術本に共通している姿勢が、自身が苦手なこと(池田さんも整理が苦手なのだそうです)を克服するために自ら実験してノウハウを模索し、これならいけるんじゃないか?という方法を編み出していくこと。

やってみて失敗することもありますが、うまくいかなければやりかたを変えて試してみる。

整理が苦手な私には、池田さんの暗中模索に共感しながら読むことができつつ、最終的に導かれた方法が自分でもできるかもと無理なく思える、とてもありがたい一冊であります。

*

Photo_30

『色 世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史』(アンヌ・ヴァリション, 2009, マール社)

絵の具好きには眺めているだけで楽しい!

絵の具の色がどんな原料からできているのか、とか、時代背景とかが知れるのも楽しいです。

*

2011年もたくさんの素敵な本と出会えますように。

|

« 室岡昭子さん個展 『キリガミナ日々』 | トップページ | 今年の手帳(2011年) »

コメント

生物多様性についての本は、私は迷いましたけれど、働いている身としてとりあえず最初の一冊として、日経BP社が発行している「生物多様性読本」を選びました。2010年は、社会勉強として最新の情報を得るために雑誌が大活躍してくれました。週刊ダイヤモンドも高いんですけれど、お値段の価値があると思いました。

投稿: みみはむこ | 2011年1月 6日 (木) 00時42分

みみはむこさん

日経BP社の「生物多様性読本」は、企業の取り組みについて書かれた本なのですね。
企業からの視点、おもしろそうです。
雑誌は、最新の情報や旬の話題などが写真やイラストつきでコンパクトにまとめられていて楽しいですよね!
よく読む雑誌は「リンカラン」とか「天然生活」とか「Casa」とかかなあ。。。ビジネス雑誌も今度読んでみます!

投稿: ゆすらうめ | 2011年1月 6日 (木) 10時33分

国立環境研究所の研究員である五箇公一室長、サングラスをかけて頻繁にテレビに出ているけれど、どういうつもりなのか。

国立環境研究所は環境省傘下の独立行政法人、そうすると税金で国立環境研究所に所属している五箇公一室長は税金から給料をもらっている立場。

そのような立場にある人物があのような非常識な格好で頻繁にメディアに出るとはどういう了見なのだろう。タレント気取りでしゃしゃり出るのは残念。

投稿: 元気morimori森田隊長 | 2017年9月12日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 室岡昭子さん個展 『キリガミナ日々』 | トップページ | 今年の手帳(2011年) »