« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年出会った本、心に残った本

2010年に出会い心に残った本。

思いつくままに書きます。

Photo_19

『クワガタムシが語る生物多様性』(五箇公一, 2010年, 創美社)

生物多様性について書かれた本は多くありますが、この本は別格の面白さと親しみやすさがあります。

そのユーモアあふれる文章には何度も爆笑しました。

著者の五箇公一さんのフィールドワークに基づく生物(人間も含め)への大いなる愛と、バランスのとれた視点がすばらしい。

外来種だから一概に敵視するのではなく、固有種だから人間の生活を無視しても保護すべきと訴えるのではない。

それぞれの背景、事情を踏まえつつ、人間との共生について身近なところからどうしたらいいのかが綴られています。

本棚に置いておきたい一冊。

*

Photo_22

『もっと知りたい 酒井抱一 生涯と作品』(玉蟲敏子, 2008, 東京美術)

酒井抱一は琳派の日本画家で、2011年が生誕250年になります。

それを記念していろいろな美術館で記念展覧会が催されるようで、酒井抱一が大好きな私は今からとても楽しみ。

*

Photo_21

『都市の中の絵 酒井抱一の絵事とその遺響(エフェクト)』(玉蟲敏子, 2004, ブリュッケ)

これも酒井抱一について書かれた一冊。

前述のものは作品の図版が中心であるのに対して、こちらは作品が生まれた背景やその時代どのように人々に受け止められたのかといった分析、解説が綴られています。

酒井抱一好きであればこれも外せないかも。

*

Photo_23

『東京さんぽるぽ』(なかだえり, 2010, 創美社)

この本の感想記事はブログ中にも書いたので、ここでは簡単に。

なかだえりさんは東京の千住在住のイラストレーター。

鮮やかで透明感のある色使いと生き生きとした町の人々の表情の描写が印象的です。

そして魅力的な場所の数々、行ってみたくなります。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_24

『自転車ぎこぎこ』(伊藤礼, 2009, 平凡社)

表紙の絵に惹かれて手に取った本でしたが、内容が非常に面白くて何度も大ウケ、爆笑しました。

本を読んで、表紙の絵を描いたイラストレータが北村人さんという方だと知り、北村さんの個展を見に行ってご本人とお話しすることができたり。

こういう本との出会いは楽しいです。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_25

『今戸神社 恋の縁結び』(市野惠子, 2010, 創美社)

招き猫の神社、今戸神社。

猫好きとしては猫がお守りになっているということでまず注目。

縁結びの神社として有名で、結婚成就のための心得が宮司夫人である著者の軽妙な語り口で綴られています。

人としての心の在り方、誠実に生きる姿勢を知ることができ、恋愛の本でありつつ恋愛のみならず凛と生きるための心得に触れることのできる一冊。

*

Photo_26

『考えよ!なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』(イビチャ・オシム, 2009, 角川書店)

そうでしたか、2009年発行だったのね。

書店の棚にずらっと並んでいて目に入ったのは2010年のW杯1ケ月前だっただろうか…

迷わず買いました。あのタイミングで買わないのは忍耐だ。

すごく面白いです!オシム節も存分に楽しめます。

*

Photo_27

『リーダーは自然体』(増田弥生、金井壽宏, 2010, 光文社)

読んでいて、とにかくやりたいことを誠実にやろうという気持ちになれる本です。

やりたいことを誠実にやる、たぶん難しいことなんだろうと思うけど、やれる人はやれるんだよなあ。

タイトルにあるとおり、自然体で無理していない感じが魅力的でした。

それに明るい!

目標を達成するために考えて考え抜いて行動する過程には多くの葛藤があると思うのですが、その中に反省はあれど、他人への批判や自己否定がないのは読んでいて清々しい。

この無理のない優しい明るさはついていきたくなります。

*

Photo_28

『忘却の整理学』(外山滋比古, 2009, 筑摩書房)

脳も心も循環が必要なのだなあ。

そのためには忘れることって大事です。

『思考の整理学』の続篇です。 ブログ中の記事はコチラ

*

Photo_29

『1日が見えてラクになる!時間整理術!』(池田暁子, 2010, メディアファクトリー)

著者の池田暁子さんは、さまざまな整理術のコミックエッセイを書いていて、どれもおもしろくためになるので大好きです。

池田さんの書く整理術本に共通している姿勢が、自身が苦手なこと(池田さんも整理が苦手なのだそうです)を克服するために自ら実験してノウハウを模索し、これならいけるんじゃないか?という方法を編み出していくこと。

やってみて失敗することもありますが、うまくいかなければやりかたを変えて試してみる。

整理が苦手な私には、池田さんの暗中模索に共感しながら読むことができつつ、最終的に導かれた方法が自分でもできるかもと無理なく思える、とてもありがたい一冊であります。

*

Photo_30

『色 世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史』(アンヌ・ヴァリション, 2009, マール社)

絵の具好きには眺めているだけで楽しい!

絵の具の色がどんな原料からできているのか、とか、時代背景とかが知れるのも楽しいです。

*

2011年もたくさんの素敵な本と出会えますように。

| | コメント (3)

2010年12月28日 (火)

室岡昭子さん個展 『キリガミナ日々』

Dsc_0162

12月のふたつ目の個展は、

切り紙作家、室岡昭子さんの『キリガミナ日々』です。

銀座伊東屋の8階ミニギャラリーで、

2010年12月19日(日)~12月26日(日)に開催されました。

室岡昭子さんの切り紙作品は、室岡さんのブログで出会いました。

図柄がどれもとても素敵で、いつか実物を見てみたいなあと思っていたので今回見に行くことができて嬉しい。

銀座伊東屋での個展は3回目なのだそうです。

来年もまた伊東屋で個展を開いてほしいです。

*

室岡昭子さんの切り紙ブログ「キリガミナ日々」はこちら→ 「キリガミナ日々」

| | コメント (2)

三好貴子さん個展 『my favorite things XIV ―旅の途中で―』

Dsc_0155_2

12月に見に行った個展、ふたつ。

ひとつ目は、三好貴子さんの 『my favorite things XIV ―旅の途中で―』。

プランタン銀座本館6階の「ギャルリィ・ドゥ・プランタン」で、

2010年11月30日(火)~12月6日(月)に開催されました。

今回の旅の舞台はチェコ。

三好さんが描くチェコの建物や空や川を見ていたら、チェコに行ってみたくなりました。

次の個展はたぶん2011年7月頃、場所は銀座煉瓦画廊かな(夏は毎年煉瓦画廊で個展なので)。

楽しみです。

*

ふたつ目の個展は次の回に書きます→

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

柚子

Img_2

きょうは冬至。

柚子を浮かべてお風呂にはいろう。

*

イラストは展覧会に出展した「柚子と緑青色の皿」という作品です。

展覧会に出した作品はいずれもポストカードを作ったのですが、この柚子の絵だけは黄色と緑色がプリンターでうまくでなくてポストカード化をあきらめた作品。

いま別の方法でポストカードを作成中です。

今度は色が出るといいんだけどな~

出来上がりましたらまた報告します!

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

『しあわせのかけら』展

Dsc_0126_2

ミレージャギャラリーでのグループ展、『しあわせのかけら』展が終了しました。

ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

たくさんのかたに作品を見ていただいたこと、感想をいただいたこと、とても嬉しく励みになりました。

心から感謝いたします。

6日間の展示期間を通して、

壁に掛けられた自分の作品を見ながら気づいたこと、

見てくださるかたの感想を聞いて気づいたこと、

ほかの作家の作品を見て知ること、いろいろな発見がありました。

これらの発見は、これからも作品を作っていきたいという思いを強くしたように感じています。

*

▽展示の様子はこんな感じでした(私の展示コーナー全体像)

Photo_2

▽ブログに載せたいちじくの絵も展示しました

Dsc_0121

▽テーブルの上は作品のほか、ネームカード、感想ノート、作品ファイルなど。右側のお花はいただいたプリザーブドフラワー。ありがとうございました!

Dsc_0134_2

▽スマイソンの手帳イラストはこのように展示しました

Dsc_0135

▽作品ファイル

Dsc_0136_2

▽ヤギさんの赤い箱。次回DM希望のかたに送付先を記入して入れていただきました

Dsc_0141_2

▽いただいたお花たち。会期中鮮やかな彩りを添えてくれました

Dsc_0092_3 

Photo_7

*

ミケさん、全体写真とお花の写真使わせていただきました、ありがとうございました!!

| | コメント (2)

2010年12月 5日 (日)

展覧会3日前

Dsc_0003

展示する作品を宅急便で会場へ送った。

作品を送って少しほっとする。

けど、それもつかの間。まだ細かい準備がいくつか。

そのひとつ、ネームカードを作りました。

文字だけのシンプルバージョンも良いけど、

右側の空いたスペースにイラストを載せたいなと思い。

紅葉した桜の葉っぱが好きなので、

秋でもあることだしちょうどいいかも、と思って描いてみたのだけど、

スキャンして印刷したら紅葉というより枯葉にみえる~

最初の展覧会でいきなり枯葉のネームカードはないだろう…

緑の葉っぱに変更しました。

それが冒頭写真。

ちなみに枯葉(紅葉)バージョン↓

Dsc_0007_3

絵の段階ではけっこう好きな雰囲気だったんだけどな~

Dsc_0012

絵の具を肉眼で見るときに感じる色と、なんらかの条件を通過してでてきた色が、違っていてあれっと思うことがある。

肉眼で見るときは鮮やかな印象を持っていた色が、深く沈むような色味も含んでいたんだなあと気づく。

それはそれでおもしろい。

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

展覧会6日前

Photo

展覧会で作品タイトルを貼る用のスチレンボードを切る。

スチレンボードを買うとき、5mm厚さにしようか、3mmにしようか、売り場でしばらく迷った…

5mmのほうがかっこいいけど、カッターナイフできれいに切れるのか?というのが迷ったとこ。

3mmは楽々切れそう。

結局、かっこいいほうがいい!と5mmにしてみたら、家にある刃幅9mmのカッターナイフで苦も無く切れました。

作品タイトル(シールタイプの紙に印刷)を貼って完成~

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »