« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

シンビジウムのつぼみ

2_111227_2

もうすぐ咲きそうです。

前に咲いたのは2010年1月末だったのでほぼ2年ぶり。

年末までに咲くのかな~

つぼみを見ていると、元気がでてきます。

つぼみをつけるまでに根っこや葉っぱが養分を蓄えて努力してきた時間を思うと、

過ぎた春や夏や秋にあったいろいろなことに気持ちが重なり、

それでもこうして花を咲かせることに、

それは植物の営みなのだと思いながらも、

ゆるぎない強さのようなものを感じるのです。

私もこうありたいと思う。

しんとした寒さの中にあかりを灯すように咲くシンビジウムの花の、

清々しく温かなたたずまいを思いながら、

つぼみがほどける日を楽しみに。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

鶴喜のそばぼうろ

Photo_2

比叡山みやげにもらった鶴喜(つるき)のそばぼうろ。

そば粉と小麦粉と卵のバランスが素晴らしく絶妙で美味しい。

外袋からイメージするのよりも大きなそばぼうろがごろんと出てくるのも楽しい(直径4.5cmくらい)。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

桜の紅葉

Photo

駅までの道に桜の並木がある。

春には花と、初夏には青葉と、盛夏には木陰とともにその道を歩く。

秋になってだんだん寒さが深まるなか、

桜の葉はあたたかそうな赤や黄や橙色に変わる。

空と道がいっぺんに明るくあざやかになる、秋の桜が一年のなかでいちばん心に残る。

先週までは色とりどりの葉っぱを見上げて歩いていたが、

ここ数日でその色彩は地面を染めるようになった。

しばらくしたら葉っぱはすっかりなくなり枝と青空と石畳の道になるだろう。

もう少しその色彩を見ていたくて落ち葉を何枚か拾う。

赤い葉っぱ、黄色い葉っぱ、黄色と赤が混ざった橙の葉っぱ、その途中のグラデーションぽくなっている葉っぱ。

桜の紅葉にはいろんな色がある。

一年分のいろいろなことが一枚一枚の色に染まって落ちてきたようで、そのあたたかな色に心もしんと染まるような気がした。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »