« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月19日 (金)

ラ・グラップ / カベルネ・ソーヴィニヨン

Photo

ラ・グラップという名前の赤ワイン。

生産者はフランスのタイヤン(フランスNo.1ワイングループだそう)、

葡萄の品種はカベルネ・ソーヴィニヨンです。

ラベルの一番上に「VIN DE FRANCE」(ヴァン・ド・フランス)とあります。

ヴァン・ド・フランスとは、2008年まで使われていたVIN DE TABLE(ヴァン・ド・ターブル)=日常消費用ワインが変更されてできた分類とのこと。

ちょっとジュースっぽい感じのラベルに、あまり期待しないで飲んでみたのですが、いやいやびっくり!

香りもコクも奥深く、渋味のバランス良し、飲みやすくてすごくおいしい!

飲みやすさが日常ワインぽいといえばそうなのかも、この親しみやすさはすごく好き。

もう一度買って飲みたいワインです。

同じシリーズのメルロー、シャルドネもあり。

**

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

生産年:2010年

生産地:フランス

生産者:タイヤン

価格:1,000円

**

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

コノスル・レゼルバ / ピノ・ノワール

_

華やかな香り、きれいな酸味、チャーミングな果実の味。

うわさに聞くピノ・ノワールは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローとはまったく違う香りと味らしい。

その香りと味を体験してみたいと憧れながら、なかなか出会うことができずにいる。

いろいろなところのピノ・ノワールを何度か試してはみたのだけど、たしかにカベルネ・ソーヴィニヨンともメルローとも違うけど、華やさやチャーミングさの実感が湧いてこない…

うーん、謎の存在だわピノ・ノワール、と思いながら(だいいち自分が出会えているのかどうかすらわかっていないのだ)、

コノスルのレゼルバのピノ・ノワールを飲んでみた。

ブーケを目の前に差し出されたようにふわっと広がる香りと、

イチゴやラズベリーのような赤い果実の味。

華やかな香りとチャーミングな味ってこのことなのかな、

と少しピノ・ノワールに近づけたような気がした。

後日、ワイン試飲会のときに、

「ピノ・ノワールって憧れながらもなかなかわからなくて…」

と前置きしながら、

「ピノ・ノワールらしいピノ・ノワールを味わうにはどこ生産地のものが良いのでしょう、それとどのくらいの価格のものを選べばよいのでしょう?」

と質問してみたところ、

「ピノ・ノワールは栽培がむずかしい品種で気候や土地の違いでまったく違う味になる。カリフォルニアのピノ・ノワールはパワフルな感じがするし、ブルゴーニュは繊細な感じになる。いろいろ味わってみて好みのものを見つけてみるのも楽しいですよ。価格は2,500円以上であれば間違いないでしょうか」

とのことだった。

飲むたびに味が違うと感じていたのはピノ・ノワールというぶどうの性質によるものだったのか。

あとは価格帯。1,000円ちょっとのものばかり飲んでいるから出会えなかったのかな~。

とはいえ、このコノスル・レゼルヴァのピノ・ノワールは1,280円でしたがなかなか良いです!!魅力的な香りと味でした!

**

品種:ピノ・ノワール

生産年:2012年

生産地:チリ、カサブランカヴァレー

生産者:コノスル

価格:1,280円

**

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

水彩講座 - イタリア、パドヴァ(Padova) -

13323_6

3回に1回は写真を見ながら描く勉強です。

この日はイタリアのパドヴァというところの風景。

空の色をきれいににじませる方法を教わり、実践してみて「おおーっ!」と感動。

…しかしこうして離れてみると空、色が薄すぎる。

窓が太っちょすぎるし窓の内側の影はどこへいった?

鎧戸の色が軽すぎる。

などなど、自分ダメ出しの連続…

って自分で自分をへこましてどうするって話なので、なんどでも描いて描いて描くしかないのだな~

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »