イラスト作品

2013年8月24日 (土)

フランス、ローヌのシラー、サン・ジョセフ・オフル

Photo

フランスの南東部のローヌ(上の地図の赤部分)の赤ワイン、

サン・ジョセフ・オフル(Saint-Joseph Offerus)の2009年。

葡萄の品種はシラーです。

銀座のワイズワインギャラリーの「赤品種を飲み比べる!」という楽しいテーマの試飲会で飲んだなかで一番いいなあと感じたワイン。

*

シラーは、私にとって姉御肌の紫婦人というイメージ。

まず、グラスに注いだときの華やかな紫色にワイン心が高鳴る。

味は、深みと力強さは持ちつつもカベルネ・ソーヴィニヨンほどの押しの強さはなく、

「私はこう思うわ。私の考えは言っておくけれど、あなたの考えもそれはそれでありだと思う」

という懐の深さがありつつ、骨太な優しさを感じるのです、シラーには。

*

この日、飲んだ赤は(産地の国、地方、ワイン名、葡萄品種の順)、

1.フランス、ランドック、ラ・クロズリー・デ・リ・ピノ・ノワール、ピノ・ノワール

2.フランス、ブルゴーニュ、ジュヴレ・シャンベルタン、ピノ・ノワール

3.イスラエル、ゴラン高原、ヤルデン・ピノ・ノワール、ピノ・ノワール

4.フランス、ボルドー、シャトー・カプ・サン・マルタン、メルロー97%、カベルネ・ソーヴィニヨン3%

5.イタリア、トスカーナ、カザルフェッロ、メルロー

6.フランス、ボルドー、シャトー・フェリエール、カベルネ・ソーヴィニヨン80%、メルロー15%、プティ・ベルドー5%

7.アメリカ、カリフォルニア、ゼラバック・カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・ソーヴィニヨン

8.フランス、ローヌ、サン・ジョセフ・オフル、シラー(→冒頭イラストのもの)

9.アメリカ、カリフォルニア、バラード・キャニオン・エステート・シラー、シラー84%、プティ・シラー9%、グルナッシュ7%

10.フランス、ボルドー、シャトー・カントナック・ブラウン、カベルネ・ソーヴィニヨン65%、カベルネ・フラン10%、メルロー25%

の10種類。

ピノ・ノワールが3本、ブレンド4本、メルロー1本、カベルネ・ソーヴィニヨン1本、シラー1本でした。

*

ピノ・ノワールは、ふだん自ら買って飲むことが少ないので、この機会にいろいろな産地のものを飲み比べてその違いを知ることができて楽しかった!

ちょっと苦手な(というかちゃんと美味しいのを飲んだことがない、かつ謎めいた存在の)ピノ・ノワールですが、この日飲んだ中では、フランスのブルゴーニュのものがルビー色と、華やかな香りと、タンニンと樹木っぽいクールな味が好みでした。

これまで飲んだピノ・ノワールはイチゴ系のかわいい感じの香りと味だったので、タンニン好きには少し物足りない気がしていたのです。

葡萄の品種の中では今のところ、メルローが一番好きなのですが、この日のメルロー100%はイタリアのトスカーナのもので、メルローにしては少し尖っている感じがしたかなあ。

素朴ながらも優しい人柄という印象のメルローが好きなので「こういうメルローもあるのか」と感じたのが新鮮な驚き。

10番目のボルドーは、ブラインド。

品種くらいは当てたいなあと意気ごんだのですがさっぱり予想がつかず!

酔いも手伝って堂々「ピノ・ノワールですか?」とか言ってた私…全然違うじゃん…正解が明かされてうなだれるばかりでした。

その後の解説で、

「ふつうのシラーより甘味と果実味が強いのが特徴です」

と言うのを聞いて少し元気がでた!(なんの根拠もない復活です、笑)。

| | コメント (3)

2013年8月 4日 (日)

マコン、プイィ・フュイッセの白

Photo_2

マコンとプイィ・フュイッセは、フランスのブルゴーニュの中のワイン生産地。

このふたつの地区の白ワインを試飲会で飲みました。

葡萄品種はシャルドネ。

畑は石灰岩に粘土の混ざった土壌とのこと。

ミネラル感たっぷり、黄金色で果実味豊かな辛口の白です。

飲み比べてみて…

マコンのほうが味も香りも親しみを持てる感じかなー

気さくで気取りがなく、すぐ仲良くなれそうなイメージ。

プイィ・フュイッセは上品で静謐、

色も香りもとても美しく、それでいて味はビシッと辛口、クールビューティー!って感じでした。

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

ラ・グラップ / カベルネ・ソーヴィニヨン

Photo

ラ・グラップという名前の赤ワイン。

生産者はフランスのタイヤン(フランスNo.1ワイングループだそう)、

葡萄の品種はカベルネ・ソーヴィニヨンです。

ラベルの一番上に「VIN DE FRANCE」(ヴァン・ド・フランス)とあります。

ヴァン・ド・フランスとは、2008年まで使われていたVIN DE TABLE(ヴァン・ド・ターブル)=日常消費用ワインが変更されてできた分類とのこと。

ちょっとジュースっぽい感じのラベルに、あまり期待しないで飲んでみたのですが、いやいやびっくり!

香りもコクも奥深く、渋味のバランス良し、飲みやすくてすごくおいしい!

飲みやすさが日常ワインぽいといえばそうなのかも、この親しみやすさはすごく好き。

もう一度買って飲みたいワインです。

同じシリーズのメルロー、シャルドネもあり。

**

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

生産年:2010年

生産地:フランス

生産者:タイヤン

価格:1,000円

**

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

コノスル・レゼルバ / ピノ・ノワール

_

華やかな香り、きれいな酸味、チャーミングな果実の味。

うわさに聞くピノ・ノワールは、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローとはまったく違う香りと味らしい。

その香りと味を体験してみたいと憧れながら、なかなか出会うことができずにいる。

いろいろなところのピノ・ノワールを何度か試してはみたのだけど、たしかにカベルネ・ソーヴィニヨンともメルローとも違うけど、華やさやチャーミングさの実感が湧いてこない…

うーん、謎の存在だわピノ・ノワール、と思いながら(だいいち自分が出会えているのかどうかすらわかっていないのだ)、

コノスルのレゼルバのピノ・ノワールを飲んでみた。

ブーケを目の前に差し出されたようにふわっと広がる香りと、

イチゴやラズベリーのような赤い果実の味。

華やかな香りとチャーミングな味ってこのことなのかな、

と少しピノ・ノワールに近づけたような気がした。

後日、ワイン試飲会のときに、

「ピノ・ノワールって憧れながらもなかなかわからなくて…」

と前置きしながら、

「ピノ・ノワールらしいピノ・ノワールを味わうにはどこ生産地のものが良いのでしょう、それとどのくらいの価格のものを選べばよいのでしょう?」

と質問してみたところ、

「ピノ・ノワールは栽培がむずかしい品種で気候や土地の違いでまったく違う味になる。カリフォルニアのピノ・ノワールはパワフルな感じがするし、ブルゴーニュは繊細な感じになる。いろいろ味わってみて好みのものを見つけてみるのも楽しいですよ。価格は2,500円以上であれば間違いないでしょうか」

とのことだった。

飲むたびに味が違うと感じていたのはピノ・ノワールというぶどうの性質によるものだったのか。

あとは価格帯。1,000円ちょっとのものばかり飲んでいるから出会えなかったのかな~。

とはいえ、このコノスル・レゼルヴァのピノ・ノワールは1,280円でしたがなかなか良いです!!魅力的な香りと味でした!

**

品種:ピノ・ノワール

生産年:2012年

生産地:チリ、カサブランカヴァレー

生産者:コノスル

価格:1,280円

**

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

ウッドヘーヴン ジンファンデル

_

カリフォルニアの赤、ウッドヘーヴン。

葡萄はジンファンデル。

ジンファンデルは独特な味がする。

チョコレートのような?でも甘いわけではなく。

コーラに似ている、と書いてある本を読んでなるほど~!

うん、コーラっぽさもあり。

焦がしたような味というのか… 寒い季節に似合いそうな赤ワイン。

ラベルの鶏の絵がかわいい!

**

生産年:2011年

飲み口:辛口 フルボディ

生産国、生産地:アメリカ・カリフォルニア州・ロダイ地区

造り手、生産地域:デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ(Delicato Family Vineyards )

品種:ジンファンデル主体

熟成:フレンチ&アメリカンオーク チップ 8~12ヶ月

価格:1,050円

**

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

ワインの色

_

ふたたび同じ絵で失礼します。

前回はワインと食材の話しで終始したので、今回は色のことを。

左のシャルドネの白ワインの色はレモンイエロー。

__8

ひとつ右隣のシラーズ、赤ワインの色はディープレッド。

__9

そのまた右隣のロゼ、スパークリングワインのグラスとボトルの色はマダーブラウン。

__12

ロゼの色はあれこれ試した結果、このマダーブラウンが一番ロゼワインを前に感じたわくわくした気分に近かった。

ロゼがブラウン系ってちょっと意外なのだけど、ブラウンの中にもあったか系のもの、寒い系のものとあり。

このマダーブラウンはあったかい系。

そしてグラスとボトルの影の色はデルフトブルー。

__13

デルフトブルーって素敵な名前!

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

ワインセミナー

Dsc_1055_3

成城石井のワインセミナーに参加しました。

モエのシャンドンロゼ、ドメーヌシャンドン シャルドネ、ドメーヌシャンドン シラーズの3種類のワインの説明を聞きつつ試飲、そしてそれぞれのワインに合う食材をワインと一緒に試食できるという、とてもとても楽しそうなワインセミナー。

成城石井でこのワインセミナーのポスターを見たときから、

「楽しそう!!絶対参加する!」

と、即参加申込み。

そして本当に楽しかった!!!

*

シャンドンロゼは、甘口のスパークリングワインで、ロゼの色とシュワシュワと昇っていく泡が華やかです。

葡萄はシャルドネとピノノワール。

甘いワインに合うのは塩味の食べ物とのことで、生ハムと一緒に。

生ハムはフィオルッチ社のプロシュートクルードのスライスで、これがまためちゃくちゃ美味しいの。

そして、ロゼと合わせた生ハム…なんとも甘美な世界…たぶん、いちじくと生ハムに通じるような…

ふだん甘いワインをあまり飲まないので、甘いワインと生ハムとの組み合わせはとても新鮮でした。

*

ドメーヌシャンドン シャルドネは、きれいな色(緑と黄色を光にかざしたような色)の白ワイン。

葡萄はシャルドネ。

香りはグレープフルーツとかシナモンとか。

辛口です。

シャルドネと合わせたのはポテトサラダ。

ポテトサラダの味付けが控えめなためか、じゃがいもの味がしっかり感じられて、辛口白ワインとよく合いました。

*

最後は、ドメーヌシャンドン シラーズ。

透明感のあるルビー色。

葡萄はシラーズ。

シラーズはしっかりした味ながらも渋味が控えめなので飲みやすくて好きです。

モエのドメーヌシャンドン シラーズは、すごく果実味豊かな味わい。

上品なシラーズという印象です。

合わせたのはブルーチーズ!

赤ワインとブルーチーズ、これはもう、確実にしあわせな気持ちになれます(笑)

ブルーチーズは、キャステロブルーというデンマークのもの。

ブルーチーズの中でも刺激が少な目のタイプなのだとか。

たしかに青かび度は控えめ。

青かびチーズ初心者にもおすすめだそうです。

*

ワインと合わせた食材はすべて成城石井で販売しているものだそうで、セミナー終了後、成城石井に寄って生ハム(フィオルッチ プロシュートクルード)を買って帰りました。

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

水彩講座 -スイートピー-

130223

水彩講座の2月のモチーフはスイートピーでした。

花びらの色をつけるときのぼかしが楽しくて没頭していたらあっという間に終了時間に。

いつも思うけど講座のときって時間がたつのが早いです。

スイートピーの下に敷いた英字新聞まではとても手が回らず、

新聞紙の灰色をわーっとぬったところで時計を見ると、

さっさとスイートピーに移らないと絶対時間足らなくなる!な残り時間。

新聞紙の色が温かいほうの灰色ということが、意外というか、そうだったのか!という収穫。

アイボリーブラックとイエローオーカーの混色なのです。

寒いほうの灰色かとばかり思っていました。

新聞を読むときのホッとする感じはもしかして温かい系の灰色だってこともあるのかなと思ったり。

__8

__11

△ アイボリーブラック、イエローオーカー

家に帰ってからおさらいで描いた2枚。

1302231

ピンクと紫と、

1302233

オレンジと。

オレンジのスイートピー、花びらの色がすごく綺麗!!

花屋さんに行くとたくさんの色のスイートピーが並んでいて、

こんなにいろいろな色があったのかとびっくり。

濃い紫色や黄色や、薄い黄緑色のグラデーションなんてのもあって、ひらひらの花びらの形とともに、水彩ごころをそそるモチーフです。

| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

水彩講座 ―クリスマスのモチーフあれこれ―

Photo

水彩講座の2回目。

今回はクリスマスっぽいモチーフを、ということで、ミニリンゴのアルプス乙女、唐辛子、イトスギの仲間の植物(たぶんアリゾナイトスギの栽培品種のブルーアイス)、ユーカリの仲間の植物(植物名わからず)、キンカン。

121124

載せるのがはばかられる絵ですが、下手なのはおいておいて、

講座中は、色の選び方、混色の選び方、影の描き方、質感の描き方などなど、モチーフそれぞれの表現方法を試すことに集中するのだ、と自分に言い聞かせながら描く。

とにかく時間中に全部のモチーフを描いてみる!

→って時間との勝負でもありかなり必死…

でも集中して描くのはすごく気持ちがいい。

イトスギのブルーアイスの葉っぱからはレモンのような香り。

講座中ずっと香りが漂っていて脳も心もすっきりリフレッシュな一日でした。

さて、後日おさらいをしようと思いながらも何日かバタバタしていて取りかかれずにいたところ、持ち帰ったモチーフたちがしなびてしまった…!すぐに描かないと!ね…

唯一、無事だったアルプス乙女をおさらい。

121124_2

もちろん1個は本物です…って一目瞭然ですが。

リンゴはむずかしいけれど、惹かれる、描き続けたくなるモチーフです。

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

イゲルエラ

Photo_3

スペインの赤ワイン、イゲルエラ。

スペイン南東部のアルマンサ地方で栽培される品種ガルナッチャ・ティントレラを100%使用している。

皮だけでなく中の果肉も赤い色をした葡萄だ。

ひとくち飲んだイメージは乾いた土。香りも味も。

そして酸味。力強さ。

今まで飲んだことのあるスペインワインはいずれもこの印象なので、スペインぽい味ということになるのだろうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧